僕は日本家屋を建てる大工の棟梁です。

そして、お客様には「僕は家の主治医でもあります」とお伝えしています。

その言葉には、家屋の修理を行うことはもちろん、そこに住まうご家族の健康にも気を配っています、という意味が込められています。

【家屋の中で起こるアレルギー「シックハウス症候群」について思うこと】

人生の大部分を過ごすことになる住家に問題があれば、おのずと住人にも問題が出てきます。

そこで、大工の棟梁・家の主治医という立場から、昨今のアレルギー問題、主にシックハウス症候群について考えてみました。

あくまで私見ですが、この病の原因の1つに

住まいの快適さ・便利さを過剰に追求したこと

があると、僕は考えています。

昔の日本家屋は、隙間風が入ってきたり、トイレやお風呂が屋外にあったり、現代の生活から考えると不便な点が多々ありました。

ですが、家屋に住むことによってアレルギーに罹ってしまった(もしくは症状が悪化した)、などという話は聞いたことがありません。

無垢材と土壁で健康住宅のススメ」など、別のコラムでも書いていますが、現代人は快適さと便利さを追い求めた結果、その代償として「不健康」を手にしてしまっているように思えるのです。

これは僕のような立場の人間からしてみると、とてもやり切れない話です。

【シックハウス症候群はなぜ起こるのか?】

原因の特定が難しいアトピーやアレルギーの発症数は、年々増加しています。

ですが、原因がハッキリと分かっていることもあります。

代表的なものは、断熱材や接着剤など、様々な建材に含まれる「ホルムアルデヒド」や「有機化合物」、ダニ・ホコリ・カビなどの「ハウスダスト」によるものです。

現代の住宅の売りでもある「高気密・高断熱の家」は、言い換えると「風通しの悪い家」ということになります。

そのような家のソファーや布団には、決まってダニが大量発生します。

また、壁やクロスの内部・家具の背部には「ホコリ」が溜まり、「カビ」も発生していることでしょう。

部屋の空気は完全に汚染されている、と言っても過言ではありません。

ながら・加藤建築では「過度な高気密・高断熱」にならないよう、建材はできるだけ使わない家づくりを行っています。

高気密・高断熱の弊害については、別の記事でも紹介していますので、ぜひご参考にして下さい。

【リフォームという選択。安全基準は「赤ちゃん」?!】

「家にいると何故だか体調が優れない」

「ハウスダストが気になる」

「以前よりもアレルギーの症状がひどくなった」

上記のようなお悩みを抱えられている方には「内装リフォームに関するアドバイス」をお伝えしています。

お客様のライフスタイルをお聞きして、コスト面でも無理のないリフォームの方法をご提案します。

ちなみにリフォームを行う際、最も重視しているのは「赤ちゃんが安全に暮らせる家屋であるか?」という点です。

赤ちゃんは二足歩行が出来るようになるまで、床に近い場所で過ごすことになります。

少し目を離せば、床や柱をペタペタと触り、時には舐めてしまったりもします。

その時期の赤ちゃんは抵抗力が低いため、ホルムアルデヒドやハウスダストの悪影響をもろに受けてしまうのです。

か弱い存在である赤ちゃんが、健康でいられる室内にするにはどうすれば良いのか?

僕はいつもそれを念頭において、家屋を建てることにしています。

具体的な方法は赤ちゃんが安心して育てられる家という記事にまとめてありますので、是非ともご覧下さい。

【ながら・加藤建築が建てる家の特徴】

僕は大工になってから今に至るまで、常に「ご家族が健康に過ごすことのできる家を建てるのだ」という信念を持ち、仕事と向き合ってきました。

そしてたどり着いた結論は、そのような家は昔ながらの日本家屋が最も適している、というものです。

僕の建てる日本家屋は、シックハウス症候群の原因となる「新建材」はできるだけ使用せず、国産の桧や杉などの「無垢材(自然素材)」をふんだんに使用しています。

また、蓄熱性能と省エネ効果も高く、保湿性や調湿性に優れた土壁を取り入れて、快適な室内空間をつくりあげています。

風通しの良い間取りも、シックハウス症候群対策のひとつです。

風通し(=換気)を良くすることで、ハウスダストによる室内空気汚染を防ぐことができるからです。

天然木の優しい香り。温かな質感の土壁。窓からそよぐ微風と陽の光――。

これからも、自然の心地よさを肌で感じることができる、安心・安全な家屋を建てていきたいと思っています。

【最後になりますが】

上の写真は、ひどいアレルギーに悩まされた末に、ながら・加藤建築を頼って下さった施工主様と、新築工事を行っている様子です。

天然木材、土壁を使用した立派な日本家屋が完成しました。

現在はアレルギー症状もおさまり快適に暮らしています、という嬉しいご報告をいただいております。