最終追記:2020年05月12日更新

愛知県豊川市 内藤さんファミリー

愛知県豊川市・内藤さんファミリー

まだまだ元気なご両親との3人暮らしの内藤さまファミリー。

内藤さまは高齢になるご両親との3人暮らし。ハウスダストや寒さ、老朽化の問題から新築を考えていました。住まいの変化があまりないようにと、前宅の近くに土地を購入し、アレルギー体質の自分でも快適に暮らせる家をと思って、工務店、メーカー回りをされていました。そして、最終的に「ながら・加藤建築の見学会」からのご依頼となりました。

そもそものきっかけは、不安。両親との3人暮らしで。

阪神大震災など、さまざまな災害が押し寄せる日本。「我が家は築50年、本当にこの家で大丈夫かしら」と心配になり、モデルハウス・展示場巡りを始めました。これから老いていく両親とともに、これからの未来のためにと踏み出した第一歩。しかし、その道は意外と平たんではありませんでした。展示場やモデルハウスに行くと、なぜか体調が思わしくなく……。そんな中で、偶然の出会いから、施主さまは快適な住宅を手に入れることができたとのこと。そのお話を伺いました!

◆第1話「きっかけ」(全4話)

見学会での偶然の出会い

家を新築するきっかけをお聞きしました

【長楽・加藤建築】(お客様の声)先輩インタビュー

普通に暮らしていた私たち家族の第一の悩みのきっかけは、日本中の誰もが信じられず、また忘れることのできない2011年(平成23年)3月11日の、身も心も震えた東日本大震災。

この自然の脅威を目の当たりにし、これから予想されている東海地震や南海トラフ地震などに築約50年の我が家は耐えられるのだろうか……。

とても怖くなり日を追うごとに不安が「悩み」に変わりました。

そして、第二の悩みは、私のアレルギー体質。肌がとても敏感で、肌に触れる化粧品なども使えず、古くなった家の中に舞うチリやほこりもなどのハウスダストなども原因となり、皮膚が赤くなったりする症状が大きな悩みでした。また、冬場の寒さも悩みの一つで、老いてゆく両親のことも気がかりでした。

自宅の老朽化と寒さ…アレルギー体質…大地震…さまざまな悩みや不安が重なり、一念発起、建変えを決意しました。

いよいよ動き出した気持ち
家探しは快適に健康に暮らせることが基準

当時の住まいに近い、この土地を2年前に購入。

建てるにあたり、住宅メーカー、工務店さんの「モデルハウスまわり」を始めました。

ところが、建材に使われている素材や薬剤のニオイなのでしょうか……。

ホルムアルデヒドなどの心配のない安全な基準であるはずのモデルハウスの中でも気分が悪くなってしまい、建物の中に30分といられませんでした。

それでも望みを捨てず、熱心にまわりましたが、どこもダメ。万策尽き、もうどうしたものか…と…思った頃、新聞の折込チラシの中に「ながら・加藤建築」さんの「完成見学会」の文字を見つけました。完成見学会ってモデルハウスや住宅展示場より少し敷居が高く感じていていました。なにせ、人がそのあと住むとわかっている場所です。重みを感じていました。

「買うか買わないかわからないから」となかなか一歩が踏み出せなかったのですが、藁をもつかむ思いで「近くだし、よし、行ってみよう。」とお邪魔することにしたのです。

運命の出会い? ながら・加藤建築の第一印象は?

【長楽・加藤建築】(お客様の声)先輩インタビュー

完成見学会の家を前にして、大きな立派な家にまず驚き、その技術の高さにもっと驚きました!

そして中に入り、さらに驚くべきことが……どこの展示場に行ってもすぐに気分が悪くなってしまうのに、この見学会では、そういったことが全く起きなかったのです!

この時点で、心の中ではここに決めようと思いましたが、少し探りをと……、お弟子さんにこっそり、「今はお忙しいですか?すぐに建てられますか……?」とお聞したのです。しかし……「ちょっと忙しいです。」とのお返事…(無理なのかしら……)ちょっと肩を落としました。

ながら・加藤建築に決めた理由、その決め手は?

実は、その後も、もしかして、ながら・加藤建築さんを超える家があるのではないかと、メーカーさんや工務店さんの完成見学会に行ってみました。しかし結果はどこもダメ。何より“加藤建築さんの家だけが、中に入ってみて気分が悪くならなかったのです。

心はもう決まりました。

実は、心を惹かれた理由は見学会での一見怖そうに感じた、棟梁「加藤さん」も、決め手になりました。お話をするうちにモヤモヤしていた不安がどんどん消えていったのです。

「昔ながらの職人さん。どんなことでも相談すると、親身になって説明してくれる人柄の良さ」が最後の決め手になりました。

メーカーさんなどは、社長さんや営業さんがお話を聞いてくれますが「家を実際に建てるのは他の職人さん」。加藤さんは棟梁……。

聞き手でもあり、
それを形にしてくれる作り手の職人

聞き手と作り手が同じ。聞く人と建てる人が同じならば、絶対に話したままで建ててもらえる。そんな家なら大丈夫!と確信できたのです。

先輩にご質問!
体調のこともあったり、いろいろな住宅展示場やモデルハウスをまわられて大変だったと思いますが、「ながら・加藤建築」の見学会はいかがでしたか?

本当にびっくりしました。どこのメーカー、工務店さんのモデルハウスでも15分と居られなかったのに……ながら・加藤建築さんの見学会では何分居ても気分が悪くならなくて……驚きの一言でした!!

voice of the interviewer

化学物質など、現在の基準を満たしている住宅でも、気分が悪くなってしまう方はいらっしゃいます。本当の「自然素材」の家だと体感していただいたことは、とても光栄です。