最終追記:2017年04月01日更新

愛知県豊橋市 岩澤さんファミリー

愛知県豊橋市 岩澤さんファミリー岩澤賢三さん・麻記子さん・長女(2才5ヶ月)・次女(11ヶ月)
会社員として日々、家族のために働く賢三さん、家庭を守りながら2人の娘さんの子育てをする麻記子さん。二人の時間を使って将来のマイホームの話を楽しそうに語ってくれました。今回も完成まで密着しちゃいます。

「日本家屋…、カントリー調が理想だったのに…」

「住宅メーカーとは全然違う長楽・加藤建築の仕事の進め方って?」実際に現場で打合せして決めていく「家づくり」・・・ 間取り図や立面図だけではわからないことってたくさんあるのです。メーカーさんではありえない現場で確認して進めていく「加藤建築」ならではの現場主義。価値観を変えるような進め方が徐々に楽しみに・・・どんどん意見を取り入れて出来上がっていく「新築中」の様子を施主さまと棟梁、現場で働く施主様のお兄さんの様子も合わせてお伝えしていきます。 お楽しみに!

◆第5話「ついに完成!」(全6話)

ついに完成!ミドコロ満載のマイホーム!

完成後…

【長楽・加藤建築】(お客様の声)先輩インタビュー

ついに、マイホームが完成しました。実は、自分たちの意見や思いが『3』に対して、棟梁の思いや配慮・アイデアが『7』と思います。一見、「?」と思いますが、棟梁の経験や技術があったからこそ、私たちの理想と合致し、理想のイメージの家を造ることができました。

当初、計画のなかった私たちに親切に説明してしてくれたことや、宿題を出してくれたことの結果が「今のこの家なんだ」と実感しています。

近所の方などに声をかけられます…

郵便屋さんには「木のにおいがいいですね」、友人のお母さんには「亀甲天井、すごいね」とほめていただきました。
なんと役所の方には「ここまで木の無垢を使っているのはこだわりですか」と訪ねられ、「大工さんのこだわりです」と答えちゃいました。(笑)

自慢の家に声をかけてくださる方が本当に多いので、うれしいです。

話し合ってきたからこそ

棟梁と話合いができたからこそ、納得いくマイホームができました。明るさや風の流れ、隣接する家からの目線を配慮した窓の位置や大きさも、私たちの希望に合うように棟梁のアイデアや工夫を話合ったことで生まれました。三輪車や自転車を収納する玄関土間の土間収納、狭いスペースの階段確保も、上がりやすい段数や角度もメーカーさんでは実現できなかったでしょう。遊び心ある昔からの技術が施されていても、和でも洋でも合うし、古臭いイメージはまったくないです。

本当に主人の兄弟が「ながら・加藤建築」の大工さんで改めてよかったと感じています。

先輩にご質問!
通りを通って行く方もよく家をきょろきょろ見回されるとか…?

年配の方からも声をかけられ、みなさん驚かれていきます。見どころが多い家ですから…(笑)

voice of the interviewer


特に玄関回りの様々な細工は、近所の玄関とは明らかに違います。ミドコロ満載の家には「棟梁」ならではの様々な知恵と愛情がぎっしり。木の家独特の本物の「木の香り」が気持ちを落ち着かせます。