玄関框の加工

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

一段と寒さが厳しくなって来ましたが、タイツをはいて頑張っている棟梁です(笑)

なんだかきゅうに寒くなり、タイツをはいて仕事しています。

昔は、股引(ももひき)なんて言っていましたが、

最近は、ヒートテックのタイツだったりしますから、

ズボンの中が、もこもこ、しないでいいんですよ、あったかくさせてもらっています。

 

さて、玄関框の加工です。

敷台が、まだ出来ていないので、上に載せる事が出来ませんでしたが、

こんな感じだと分かって頂きるとありがたいです。

右側が玄関框です。

 

側面になる所に墨打って、長さを取り、穴の位置を決めて穴を掘ります。

穴の深さは、気によって違いますが、この木は、105.cmの深さで落ち着きました。

 

下の板は違いますが、こんな風に納まりますって、

分かって頂けたか分かりませんが、自然の木が相手ですので、

試行錯誤しながら、加工して行きます。

 

これが終わると、ペンキ屋さんに塗装をかけてもらって仕上りになります。

昔は、この木地の上に色を着色してからのクリアー塗装して完成でしたが、

今は、木地のまま、自然に作り出した物をそのまま生かす方向で、

塗装しています。

 

棟梁

長楽 加藤建築 ホームページはこちらicon15

http://www.nagara-katou.jp/

ながらの母ちゃんことかかのブログもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です