昭和天皇陛下の泊まった部屋へ2

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

こんな立派な家をいつか造って見たい棟梁です。

庭もいいですね~~

その奥にひっそりとたたずむ入母屋の家、

こんな仕事いつかして見たいもんです。

さて、昨日更新しましたが、スマホからだとなかなか上手く行かず、

諦めてしまいましたが、

とにかく凄いの一言!!

銘木材をふんだんに使ってあり、

今、同じものは造れないでしょうね。

それほど素晴らしいもんでした。

 

そして、ドギモを抜いたのは、

この天井板・・・

僕の目には真ん中でつないであり、

一枚の板の幅がたぶん1820mmはあると思われます、

それが2枚、同じ木のように見えました。

キッと樹齢は1000年を超えているんじゃないでしょうか?

 

何言っているのか、皆さんには分かりかねると思いますが、

何一つとっても手の込んだ部屋でした。

ちなみに、玄関6帖・廊下4畳・中廊下5畳、

床付8畳プラス床の間、書院造り、

12畳客室、奥の部屋6帖プラス床脇付、

前ローカ、トイレ、洗面所、脱衣場、浴室、

これだけ部屋があって、嫁さんと2人で泊まりました。

また、機会があれば、泊まりたいです。

大工にとって、素晴らしい教材でした。

棟梁

長楽 加藤建築 ホームページはこちらicon15

http://www.nagara-katou.jp/

ながらの母ちゃんことかかのブログもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です