床の張り替え工事

ご訪問ありがとうございます。

こんばんは。

人生初めての体験を、朝しまして、大分調子の悪い棟梁です。

今朝は、大変な思いをして、苦しかった~~

と思いましたが、何とか、一日仕事をして来ました。

昨日から、始まりました。

台所の、床の張り替え工事です。

昭和47年に作られたお宅です。

棟梁の所、施工したお宅ではありませんが、

棟梁を気に行って下さり、仕事をさせて頂けるようになりました。

 

クッションフロアーをめくり、下地のコンパネを剥くりながらの作業です。

夜には,食事の支度が出来るようにしないといけないからです。

奥に見える流し台「タカラスタンダード」のエマーユと言う商品です。

約43年経った今でも現役で使えるんですよ。

たぶん、よそのメーカーの物でしたら、20年前には入れ替えをしないといけないでしょう!!

なので、棟梁はタカラの商品が好きなんです。

 

 

二日間やりましたが、あと少し残っています。

明日は完成出来ると思います。

 

 

 

昔の事でしたので、コンパネを剥がすと、敷居のパッキンが無くなるので、

床板にホズを付けて敷居が下がらないように工夫して行きました。

60cmピッチにこの細工をしてありますので、敷居はびくとも下がりません。

 

 

上から見るとこんな風に見えます。

 

ご依頼を頂いてから、半年後になりましたが、

お客さんの、ご要望通りに出来上がって来て、

喜んで頂けるのが、棟梁にとって最高のご褒美です。

 

 

   棟梁

長楽 加藤建築 ホームページはこちらicon15

http://www.nagara-katou.jp/

ながらの母ちゃんことかかのブログもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です